”抜粋”をmoreタグのように使用する

”抜粋”をmoreタグのように使用する

the_excerpt();の抜粋の機能を使って、moreタグのようにしようする方法です。

the_content();で本文を拾っていたところを、代わりにthe_excerpt(); を使って取得する事になりますので、まずは

<?php the_content(); ?>

の箇所を

<?php the_excerpt(); ?>

に書き換えましょう。

抜粋の…を続きを読むに変更し、個別ページへのリンク付きにする

function.php に下記を記入します。

function new_excerpt_more($post) {
	return '<a href="'. get_permalink($post->ID) . '">' . '...続きを読む' . '</a>';	
}	
add_filter('excerpt_more', 'new_excerpt_more');

”抜粋”されて表示される文字数を変える。

function.php に下記を記入します。

function new_excerpt_length($length) {	
     return 8;	
}	
add_filter('excerpt_length', 'new_excerpt_length');

”return 8;”の部分の数字で文字数の変更ができます。
デフォルトでは55単語になっています。

上の記入だけでは抜粋される文字数がなんかおかしいと思ったら、WP Multibyte Patch プラグインが無効になっていました。有効にしたらだいたい、いい感じの長さで抜粋表示してくれました。

注) 日本語のように語句の間を半角スペースで区切らない言語では「55単語」を判定できないため、抜粋できずに本文のほとんどが出力されてしまうことがあります。WordPress 日本語版では、この問題を含むマルチバイト関連の問題に対処するために WP Multibyte Patch プラグインを同梱しています。このプラグインを使用すると、110文字まで(設定により変更可)を抜粋文として出力できます。-codexの注意書き

Related Article

No Comments & Tracbacks

Leave a Comment

Emailは公開されません。*は必須項目です。


*


Categorys

Tags

CSS3 ダッシュボード ヘッダー トラブル コードサンプル スライドショー コンテンツ 素材 jQueryプラグイン Facebook php 引っ越し お知らせ JavaScript CSS カテゴリー Shareボタン IE 投稿タイプ seo Photoshop HTML5 レスポンシブ サイドバー ナビゲーション タクソノミー WPセキュリティ Git カスタムメニュー Macアプリ PHPリファレンス SVG query_posts API WP使い方 iTunes データベース コメント function RSS 条件分岐 get_posts() スマートフォン Sass/Compass マルチサイト機能