使用中のテーマにウィルスが入っていないかチェックしてくれるWpプラグイン-AntiVirus

使用中のテーマにウィルスが入っていないかチェックしてくれるWpプラグイン-AntiVirus

こちらの記事 WordPress Security: 10 Essential Plugins – DesignModo でWordpressのセキュリティに関するプラグインが紹介されていたので、その中から「AntiVirus」というプラグインを使ってみました。

「AntiVirus」でスキャンするとテーマに不審なコードが埋め込まれていないか、Wordpressにバックドアリンクが埋め込まれていないかチェックしてくれます。不審な物を発見した場合には管理バーに”!Virus suspected”の警告がでます。
AntiVirus プラグイン

ダウンロード

WordPress › AntiVirus « WordPress Plugins

設定方法

ダウンロードしたプラグインをダッシュボードよりアップロードし、有効化します。
有効化するとダッシュボードの”設定”の箇所に”AntiVirus”という項目ができますので、クリックします。
ダッシュボードの「設定」の「AntiVirus」項目

”Manual scan”をクリックするとその場でテーマファイル内をスキャンして不審なものがないか見てくれます。私はheader.phpにあったGoogleマスターツールの認証番号が不審と判定されました。怪しいコードが見つかると下の画像のように警告をだして、その箇所を確認できるリンクまで貼ってくれます。親切ですね。本当の怪しいコードでなくてよかったです。
スキャン中の画面

管理バーにもこのような表示がでました。なんかこわいですね。
管理バーに警告の表示

”設定”の”Enable the daily antivirus scan”にチェックを入れ、メールアドレスを設定すれば、毎日スキャンを自動で行ってくれてその結果をメールしてくれます。

WordPressを狙った攻撃等もあるようなので、こういったプラグインを使用してセキュリティーを高めておきたいですね。

Related Article

1 Comments & Tracbacks

Leave a Comment

Emailは公開されません。*は必須項目です。


*


Categorys

Tags

CSS3 ダッシュボード ヘッダー トラブル コードサンプル スライドショー コンテンツ 素材 jQueryプラグイン Facebook php 引っ越し お知らせ JavaScript CSS カテゴリー Shareボタン IE 投稿タイプ seo Photoshop HTML5 レスポンシブ サイドバー ナビゲーション タクソノミー WPセキュリティ Git カスタムメニュー Macアプリ PHPリファレンス SVG query_posts API WP使い方 iTunes データベース コメント function RSS 条件分岐 get_posts() スマートフォン Sass/Compass マルチサイト機能