[PHP] Laravel 標準のユーザーログイン機能を実装する方法

[PHP] Laravel 標準のユーザーログイン機能を実装する方法

Laravel にはデフォルトでユーザー認証機能が備わっており、驚くほど簡単にユーザーのログイン認証を実装することができます。実装してみた Laravel のバージョンは 5.7 です。

公式ドキュメント:認証 5.7 Laravel

1. ディレクトリの移動

まずは、Laravel がインストールされているディレクトリに移動します。


cd パス/laravel 

2. make:auth コマンドの実行

移動したら以下のコマンドを実行します。


php artisan make:auth

successfully. と表示されると認証機能に関するファイルやコードなどが追加されます。

どんなものが追加されるか

routes/web.php ファイルへコードが追加
以下のコードが追加されます。


Auth::routes();
Route::get('/home', 'HomeController@index')->name('home');
app/Http/Controllers/ へファイルなどが追加
app/Http/Controllers/ のフォルダへ HomeController.php ファイルと Auth フォルダが追加されていて、Auth フォルダ中には認証に関するファイルが入っています。
resources/views/ へファイルなどが追加
resources/views/ のフォルダへ home.blade.php ファイルと Auth フォルダが追加されていて、Auth フォルダ中にはログイン画面を表示する blade ファイルなどが入っています。

3. migrate コマンドの実行

以下のコマンドを実行し、データベースへユーザーのテーブルを作成します。


php artisan migrate

database/migrations/ フォルダにある create_users_table.php と create_password_resets_table.php の内容がデータベースに作成されます。

これだけで、Laravel の標準機能の実装が完了で、http://ドメイン/home へアクセスすると Bootstrap を使った認証画面ができているのが確認できます。

あまりに簡単でビックリです!ログイン画面などの見た目を変更するには resources/views/auth/ 内の blade ファイルをカスタマイズします。

Related Article

    関連する記事はありません。

No Comments & Tracbacks

Leave a Comment

Emailは公開されません。*は必須項目です。


*


Categorys

Tags

CSS3 ダッシュボード ヘッダー トラブル コードサンプル スライドショー コンテンツ 素材 jQueryプラグイン Facebook php 引っ越し お知らせ JavaScript CSS カテゴリー Shareボタン IE 投稿タイプ seo Photoshop HTML5 レスポンシブ サイドバー ナビゲーション タクソノミー WPセキュリティ Git カスタムメニュー Macアプリ PHPリファレンス SVG query_posts API WP使い方 iTunes データベース コメント function RSS 条件分岐 get_posts() スマートフォン Sass/Compass マルチサイト機能