PHP で JSON の object(stdClass) の参照したいデータが [“$t”] となっている時の取得方法と json_decode で配列を返す方法

PHP で JSON の object(stdClass) の参照したいデータが [“$t”] となっている時の取得方法と json_decode で配列を返す方法

PHP で JSON データを json_decode したらオブジェクトで返ってきました。その中の [“$t”] となっている値を取得する方法と json_decode で配列を返す時のメモです。

オブジェクトで[“$t”] となっている値を取得する

例えば、$example の published の中にある string(24) を取得したいとします。

// $example の中身がこうなっている

["published"]=>
  object(stdClass)#1 (1) {
    ["$t"]=>
    string(24) "2014-09-22T11:53:50.000Z"
}

published のデータを取得するには以下のように published -> {“\$t”} とします。

$time = htmlspecialchars( $example -> published -> {"\$t"}, ENT_QUOTES, "UTF-8");

var_dump($time)
// 結果 ↓
string(24) "2014-09-22T11:53:50.000Z"

これで、published のデータが取得できます。

JSON データを配列で返す方法

ちなみに、JSON データを json_decode した場合に配列で返す方法もありました。以下のように、json_decode の第二引数を true にするだけです。

$example = json_decode($example_json, true);

配列で返ってきてくれた方が分かりやすくてよいので、最初にこちらをやっておけばよかったかもしれないと思いました…。

Related Article

No Comments & Tracbacks

Leave a Comment

Emailは公開されません。*は必須項目です。


*


Categorys

Tags

CSS3 ダッシュボード ヘッダー トラブル コードサンプル スライドショー コンテンツ 素材 jQueryプラグイン Facebook php 引っ越し お知らせ JavaScript CSS カテゴリー Shareボタン IE 投稿タイプ seo Photoshop HTML5 レスポンシブ サイドバー ナビゲーション タクソノミー WPセキュリティ Git カスタムメニュー Macアプリ PHPリファレンス SVG query_posts API WP使い方 iTunes データベース コメント function RSS 条件分岐 get_posts() スマートフォン Sass/Compass マルチサイト機能