投稿記事が特定カテゴリーや特定タグの場合に処理を行う条件分岐

投稿記事が特定カテゴリーや特定タグの場合に処理を行う条件分岐

以前の記事 WordPressの条件分岐タグいろいろ | memocarilog では”特定のアーカイブページの場合に〜を表示”などの条件分岐でしたが、特定のカテゴリーやタグ、抜粋がある場合等には〜を表示するというような処理を行う条件分岐の方法です。この記事でご紹介する条件分岐タグでは個別記事で開いた時などに、特定カテゴリーやタグに属している場合指定の表示を加えたりという事ができます。

特定カテゴリーに属する場合に処理(表示を変えたり)を行う

投稿記事が指定したカテゴリーに属している場合に処理を行うという条件分岐の方法です。
in_category()タグを使用して指定のカテゴリーかどうかをチェックします。

パラメータ

in_category( $category, $_post )

$category (必須)
ID 、名前、スラッグのどれかで指定。

$_post (オプション)
デフォルトでは表示中の投稿。

使用例

“jquery”という名前のカテゴリーに属する投稿には「jQuery: The Write Less, Do More, JavaScript Library」とリンクを表示するには下記のように記入します。

<?php if ( in_category( 'jquery' ) ): ?>
	//'jquery'カテゴリーの場合の処理
	<p><a href="http://jquery.com/">
	       jQuery: The Write Less, Do More, JavaScript Library</a>
	</p>
<?php endif; ?>

特定タグが付けられている場合に処理を行う

タグの場合はhas_tag()を使用します。
使い方やパラメータもin_categoryタグと同じです。

<?php has_tag( $tag, $post ); ?>

記事に抜粋がある場合に処理を行う

投稿記事に手動で入力された抜粋がある場合に処理を行うという場合には、has_excerpt()タグを使用します。

<?php has_excerpt( $id ); ?>

使い方はカテゴリーの場合と同じですが、パラメータがIDのみとなっています。デフォルトで現在表示している投稿IDが入ります。

Related Article

No Comments & Tracbacks

Leave a Comment

Emailは公開されません。*は必須項目です。


*


Categorys

Tags

CSS3 ダッシュボード ヘッダー トラブル コードサンプル スライドショー コンテンツ 素材 jQueryプラグイン Facebook php 引っ越し お知らせ JavaScript CSS カテゴリー Shareボタン IE 投稿タイプ seo Photoshop HTML5 レスポンシブ サイドバー ナビゲーション タクソノミー WPセキュリティ Git カスタムメニュー Macアプリ PHPリファレンス SVG query_posts API WP使い方 iTunes データベース コメント function RSS 条件分岐 get_posts() スマートフォン Sass/Compass マルチサイト機能