WordPress高速化のプラグインDB Cache Reloaded Fix を入れてみてた

WP Super Cacheをやめてみてから当たり前ですが、ずいぶんサイトの表示が遅くなりました。

高速化のプラグインは色々あってどれを入れようか迷ったのですが、WP Super Cacheよりも高速みたいなことがプラグイン配布ページに書いてあったので、 DB Cache Reloaded Fix というプラグインを使用してみました。

DB Cache Reloaded Fix はデータベースのクエリをキャッシュし表示を高速化するプラグインです。

プラグインを有効化するとプラグインのフォルダにcacheフォルダが作成されます。データベースクエリのキャッシュがこのファイルに保存され、表示の際にこのファイルを読み込みDBへのクエリの数が減少するしくみのようです。

ダッシュボードの表示も高速化されるようです。これは嬉しいですね。

ダウンロード

WordPress › DB Cache Reloaded Fix « WordPress Plugins
「設定」にできた「DB Cache Reloaded」で設定をする

設定方法

プラグインをインストールし有効化すると、”設定”に”DB Cache Reloaded “の項目ができますので、ここで設定を行います。
”有効”にチェックを入れて、”保存”をクリックするだけで設定ができます。キャッシュの有効期限の設定もできます。シンプルで使いやすいですね。

感想

WebWait – Benchmark Your Website で表示時間をみてみた所はそこまで劇的に早くなったという感じではありませんが、ダッシュボードのホームから投稿のページに移行する時等に時間がかかっていましたが、サクッと表示されるようになったと思います。

しばらくこのプラグインで様子を見てみようと思います。

Related Article

3 Comments & Tracbacks

Leave a Comment

Emailは公開されません。*は必須項目です。


*


Categorys

Tags

CSS3 ダッシュボード ヘッダー jQueryプラグイン スライドショー トラブル コードサンプル コンテンツ Facebook 素材 php 引っ越し お知らせ JavaScript カテゴリー Shareボタン CSS IE 投稿タイプ レスポンシブ Photoshop seo Macアプリ サイドバー タクソノミー HTML5 WPセキュリティ Git カスタムメニュー ナビゲーション PHPリファレンス SVG API query_posts RSS WP使い方 iTunes データベース コメント function 条件分岐 get_posts() スマートフォン Sass/Compass moreタグ