2段階認証に対応していないアプリにGmailのアカウントでログインする方法

2段階認証にまだ対応しておらず、2段階認証の確認コードを入力する機能がないアプリがあります。対応していないアプリだとGmailのアドレスと通常のパスワードではログインできません。そのような場合には、個別にそのアプリに対してGoogleが固有のパスワードを発行してくれます。その固有のパスワードの発行の方法のメモです。

今日購入したiPhoneアプリがGmailのアカウントでパスワードを入力してもエラーがでてログインできなくて結構焦りました…。もしや…!?と思ったらやっぱりこれが原因でした。

Googleの固有パスワードの生成方法

まずGoogleにログインした状態で下記のアドレスへアクセスします。
Google アカウント

「アプリケーションとサイトを認証」の編集の所をクリックします。
アプリケーションとサイトを認証の編集をクリック

新規でパスワードを発行するには下の、”ステップ 1/2: 新しいアプリケーション固有のパスワードを生成する”の箇所の”名前”の所へ適当な名前を入れます。そのアプリの名前を入れる等分かりやすい名前がよいと思います。
ステップ 1/2: 新しいアプリケーション固有のパスワードを生成するの箇所の「名前」へ適当な名前を入れる

名前を入力し”パスワードを生成”をクリックするとアプリケーション固有のパスワードが発行されます、黄色の背景の箇所のパスワードをiPhone等のアプリ側のパスワード入力画面へ打ち込みましょう。それでログインできるはずです。
アプリケーション固有のパスワードが発行
この画面では”このパスワードを記憶する必要はありません。このパスワードを入力する必要があるのは一回だけです。”とありますが、このパスワードはコピーしておくか、画面のキャプチャを取っておいた方がよさそうです。

私がこの固有パスワードを入力したiPhoneアプリは一度ログアウトすると、またこの固有のパスワードが必要になりました。一度固有パスを入力すれば、通常のパスワードでログインできるようになるのかと思ったのですが、そういう訳ではなさそうです。(アプリによるのかもしれません)

また、そのパスワードを無効にする時も”アプリケーションとサイトを認証”の画面で行う事ができます。

二段階認証も安心の為に設定しておいた方がいいですが、こういう所が少し面倒です…。

Related Article

No Comments & Tracbacks

Leave a Comment

Emailは公開されません。*は必須項目です。


*


Categorys

Tags

CSS3 ダッシュボード ヘッダー jQueryプラグイン スライドショー トラブル コードサンプル 素材 コンテンツ Facebook php 引っ越し お知らせ JavaScript カテゴリー Shareボタン CSS IE 投稿タイプ レスポンシブ Photoshop seo Macアプリ サイドバー タクソノミー HTML5 WPセキュリティ Git カスタムメニュー ナビゲーション PHPリファレンス SVG API query_posts RSS WP使い方 iTunes データベース コメント function 条件分岐 get_posts() スマートフォン Sass/Compass moreタグ