Google Chorme でパスワードが保存できない場合の対処方法(Macの場合)

最近 Google Chorme を使っていて「パスワードを保存しますか」のアラートが出た時に「保存する」としてもパスワードが保存できておらず、毎回IDとパスワードを入力しなくてはいけないという面倒な状態がつづいていました…。

ググって出てくる内容では解決できず、模索しつつなんとか解決できたのでその対処方法についてまとめました。

私の症状はこちらのフォーラムの内容と同じような感じです。

一般的な(?)対処方法

対処方法を検索してみると、Chrome の設定画面からパスワード未保存の項目で、未保存のパスワードを削除するという方法が多くヒットしましたが、私の場合は「保存したパスワード」にも「未保存」にもなにも表示されないためこの方法では対処できませんでした。

パスワード未保存の項目

今回の対処方法

こちらの記事「Chrome:パスワードが保存されない場合の対策」にヒントを得て、Chrome のログインデータらしきファイルを Mac から削除してみたところ無事解決できました!

Chrome のログインデータらしきファイルを削除する手順

Finder でライブラリのフォルダを開きます。(Finderツールバーの「移動」をクリックして alt キーを押すとライブラリの項目が出現します)

Finder でライブラリのフォルダを開く

そして、Application Support → Google → Chrome → Default のフォルダを開きます。

Default のフォルダを開く

Default のフォルダ内のファイルを削除してしまうので、念のため Default のバックアップをとっておきましょう。

このなかの「Login Data」「Login Data-journal」ファイルを削除し、Chrome を再起動します。

default

これで「一般的な(?)対処方法」でご紹介した、設定→パスワードとフォームの項目「パスワードの保存を確認する」横の「パスワードを管理」のリンクより「未保存のパスワード」を表示できるようになります。

設定画面

この項目で未保存のパスワードを削除することにより、パスワードが保存できない問題を解決することができました!!!

Comments 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です