Git をインストールする手順[ 2 ] – Homebrew からインストールする

前回の記事では Git をインストーラーからインストールする手順を書きました(Git をインストールする手順[ 1 ] – インストーラからインストールする)。今回は Homebrew から Git をインストールする手順と、私がエラーなどでつまづいたところをまとめました。

Homebrew とは

Homebrew は Mac に入っていないソフトウェアを簡単に導入できるようにするパッケージ管理システムです。同じようなものとして MacPorts があります。

Homebrew と MacPorts との比較はこちらの記事がわかりやすいです。
参考:Homebrewの導入と使い方 | CAPH TECH

Homebrew をインストールする

まず Homebrew 自体をインストールします。Homebrew のサイトにもインストール方法などが書かれていますのでご確認下さい。

ターミナルを開き Homebrew のサイトに書かれているインストールコマンドを打ち込むと、インストールが開始されます。

しばらくすると以下のメッセージがでます。リターンキーを押して続けます。


Press RETURN to continue or any other key to abort

Command Line Tools がインストールされていなければ、インストールする旨のアラートがでて Command Line Tools のインストールが開始されます。しばらくすると以下のメッセージがでてCommand Line Tools のインストールが完了です。


xcode-select: note: install requested for command line developer tools
Press any key when the installation has completed.

何かキーを押し Homebrew のインストールを続けます。
またしばらくして


==> Installation successful!

とでたらインストール完了です。

brew doctor で問題ないか確認する

インストール完了時に以下のメッセージがでて`brew doctor’することを進められます。


You should run `brew doctor' *before* you install anything.
Now type: brew help

`brew doctor’を実行するともし問題点があった場合エラーを出してくれます。バージョンが最新でない場合でもその旨メッセージを出してくれるので便利です。

ターミナルに以下のように打ち込み`brew doctor’を実行します。

brew doctor

なにも問題なければ以下のようなメッセージが出ます。


Your system is ready to brew.

問題点が見つかれば対処するべきところが書かれたメッセージが出ますので、指示に従い対処しましょう。私の場合はパスについてエラーが出て解消するのに四苦八苦しました…。その時の対処方法は以下の記事にまとめています。

Homebrew の brew doctor で Warning: /usr/bin occurs before /usr/local/bin と出た時の対処方法 | memocarilog

これでひとまず Homebrew のインストールは完了です。

Homebrew から Git をインストールする

やっと Git のインストールです。ターミナルに以下のように入力します。

brew install git

問題がなければ、これだけでインストールは完了です。

私の場合は以下のようにエラーが出てしまいました。


Warning: Could not link git. Unlinking...
Error: Permission denied - /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.16.2

Git へリンクが通っていないというエラーで、その原因はパーミッションが正しくない為のようです。Homebrew はログインユーザで書き込み可能な状態でないといけないようです。

homebrewは本来/ust/local以下をログインユーザで書き込み可能な状態で、sudoなしで使うもの
Rails4をインストールするまでの道のり その2 – haru_skywalker's blog

以下のようにコマンドを打ち込み権限を変更します。パスワードを聞かれるのでパスワードを入力します。

sudo chown -R $USER /usr/local 

次に以下のコマンドでリンクします。

brew link --overwrite git

これでエラーが解消しインストールが完了しました。念の為 Git のバージョンを確認します。

git --version

最新の GIt のバージョンが出ればOKです。ちなみに Git をアップデートするには以下のように打ち込みます。

brew upgrade git

Related Article

No Comments & Tracbacks

Leave a Comment

Emailは公開されません。*は必須項目です。


*


Categorys

Tags

CSS3 ダッシュボード ヘッダー jQueryプラグイン スライドショー トラブル コードサンプル 素材 コンテンツ Facebook php 引っ越し お知らせ JavaScript カテゴリー Shareボタン CSS IE 投稿タイプ レスポンシブ Photoshop seo Macアプリ サイドバー タクソノミー HTML5 WPセキュリティ Git カスタムメニュー ナビゲーション PHPリファレンス SVG API query_posts RSS WP使い方 iTunes データベース コメント function 条件分岐 get_posts() スマートフォン Sass/Compass moreタグ