WordPressを同じサーバー内の別ディレクトリに引っ越しする

昨日いろいろサーバーの中を移動させたりしていましたが色々忘れそうなので手順のメモです。
Wordpressを同じサーバー内の別ディレクトリに引っ越しする時の方法です。Wordpress本体は新たにインストールし直します。

念の為、Wordpress本体丸ごとをFTPでサーバーよりダウンロードして、バックアップをとっておきます。

このブログはハッスルサーバーを使用しており、データベースもハッスルサーバーのものを使用しています。私が使っているプランではデータベースは1つしか持てないので、1つのデータベースにwordpressの接頭辞を変えて何個か入れています。データベース側ではこの各wordpressのテーブルについた接頭辞を便りにどのブログなのかを判別しています。今回はwordpress本体を新しいものを入れたので接頭辞を書き換えなくては行けなかったので、そこでつまづいたりしました。

1. phpMyadminで記事や設定のデータ等をエクスポートします。

【エクスポートの仕方】
•まずphpMyadminにログインします。
•左データベース一覧よりのwordpressのデータベースを選択し”エクスポート”のタブをクリック。エクスポート方法は”詳細”をチェックします。
エクスポートのタブをクリック
(※画像はクリックで大きくなります。)
•取り出したいデータを選択します。1つのデータペースに1つのwordpressしか入れていなければ”全選択”をクリックで全部選択できます。
”出力をファイルに保存する”にチェック。”圧縮:”をzipを選択。
取り出したいデータを選択。出力をファイルに保存するにチェック。圧縮:をzipを選択
•”フォーマット:”はSQL。”フォーマット特有のオプション:”は”コメントの表示”にチェックし、”ダンプするテーブル”で”構造とデータ”にチェックします。
フォーマットはSQL。フォーマット特有のオプション:はコメントの表示にチェック。ダンプするテーブルで構造とデータにチェック
•”追加コマンド:”で”DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION コマンドの追加”にのみチェック。
”逆クォートでテーブルやフィールドの名前を囲む”にもチェックを入れます。
追加コマンド:でDROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION コマンドの追加にチェック。逆クォートでテーブルやフィールドの名前を囲むにもチェック
•”データのダンプオプション”でデータを挿入するときに使う構文:”上の両方を行う”を”16進表記でバイナリカラムをダンプする”をチェック。
データのダンプオプションでデータを挿入するときに使う構文:上の両方を行うを16進表記でバイナリカラムをダンプするをチェック
•”エンコーディングへの変換:”は”なし”にチェックで”実行”をクリックすればSQLファイルのダウンロードができます。
エンコーディングへの変換:は”なし”にチェックで”実行”をクリック

2. ダウンロードしたSQLファイルをエディタで開きます。できれば文字の置き換えができる高機能のエディタが望ましいです。
私は現在”coda”を使用しているので、検索機能で”旧ディレクトリに入っているWordpressの接頭辞”を検索し、新たにインストールするWordpressの接頭辞に置き換えました。だいたい100個ほどの箇所を書き換えないといけないので、手作業だとちょっと大変かもしれません。

3. wordpress本体を本家のサイトから新たにダウンロードし、新しく作ったディレクトリにアップロードします。

4. 新しく作ったディレクトリのURLを開きます。”wp-config.phpファイルが見つかりません。つくりますか?”というようなメッセージがでますので、メッセージに従いwp-config.phpを作りましょう。”作る”のボタンか何かを押すと、データベースの名前やサーバを入力する画面に変わるので、入力します。Wordpressの接頭辞もこの画面で設定します。先ほどSQLファイルを書き換えたものと同じ名前をつけましょう。
そのまま進むと普通にインストール終了し、新しいwordpressのブログができます。

5. 旧ブログで使っていたテーマフォルダを新しいブログにアップロードします。(wp-contentsのthemesフォルダ)

6. 旧ブログで使っていた画像フォルダを新しいブログにアップロードします。(wp-contentsのuploadフォルダ)

7. 旧ブログで使っていたプラグインフォルダを新しいブログにアップロードします。(wp-contentsのpluginフォルダ)

8. phpMyadminを開き”インポート”のタブを開きます。
インポートするファイルを選択し実行します。
phpMyadminを開きインポートのタブを開きインポートするファイルを選択し実行

9. phpMyadminで先ほどインポートしたファイルを少し書き換えます。
【書き換える箇所と方法】
ホームからデータベースを選択すると、左にテーブルの一覧が出てくると思いますので、`wp_○○○options`(○の部分は設定した接頭辞が入ります)を選択します。
テーブルの画面に変わります。
•一行目の”siteurl”の”編集”をクリックして”新しく作ったディレクトリのURL”に書き換えます。
siteurlの”編集”をクリックして”新しく作ったディレクトリのURL”に書き換え
•37行目の”home”の”編集”をクリックしここも新しいURLに書き換えます。
homeの”編集”をクリックしここも新しいURLに書き換え

これでサーバー内のディレクトリの引っ越しが終了です。

Related Article

9 Comments & Tracbacks

  • エリリン 2015-07-20 2:09 AM

    同じサーバ内にWPを引っ越し予定です。
    新しいフォルダーを作ってそこへWPをインストールして稼働させる予定です。
    新しいWPはデザインなど修正するので、できあがるまでは、
    旧WPをそのまま稼働させたいのです。
    SQLなどをいじって、旧WPもそのまま稼働させながら、新WPを構築することは可能でしょうか?
    どうぞよろしくお願いいたします。

    Reply

    • saori 2015-07-20 4:46 PM

      エリリン さま

      そのようなことを行ったことがないので最善の方法はよくわかりませんが、
      データベースをもう一つ作って別々にWPをインストールするのが安全そうでしょうか。

      Reply

  • haruka 2015-11-20 10:51 AM

    初めまして。
    よくこちらのブログで勉強させていただいております。
    急な質問で大変申し訳ございませんが、お手数でなければ、教えていただけますでしょうか。

    この方法でテスト環境から本番ディレクトリにディレクトリを変更したのですが、
    プラグインフォルダを新しいブログにアップロードして、ダッシュボードにはプラグインが表示されたのですが、「MailPoet Newsletters」というプラグインの設定を変更したところ反映されず、テスト環境のプラグイン設定を読み込んでしまいます。

    この方法では本番の管理画面ではプラグインの編集は行えませんか?
    方法があったら教えていただけますでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    Reply

    • saori 2015-11-23 1:54 AM

      haruka さま

      データベースの設定がそのまま移行されるので、本番環境で不要なプラグインは本番アップロード後に削除されればよいと思います。管理画面でプラグインを削除してもデータベースへプラグインの設定が残ってしまう場合は、データベースから設定データを削除するとよいと思います。

      Reply

  • flow 2016-08-20 7:41 AM

    大変参考になりました。
    ありがとうございます。

    Reply

    • saori 2016-09-02 8:36 AM

      コメントありがとうございます!お役に立てたなら幸いです!

      Reply

Leave a Comment

Emailは公開されません。*は必須項目です。


*


Categorys

Tags

CSS3 ダッシュボード ヘッダー jQueryプラグイン スライドショー トラブル コードサンプル コンテンツ Facebook 素材 php 引っ越し お知らせ JavaScript カテゴリー Shareボタン CSS IE 投稿タイプ レスポンシブ Photoshop seo Macアプリ サイドバー タクソノミー HTML5 WPセキュリティ Git カスタムメニュー ナビゲーション PHPリファレンス SVG API query_posts RSS WP使い方 iTunes データベース コメント function 条件分岐 get_posts() スマートフォン Sass/Compass moreタグ